生え際の後退を食い止める方法

生え際の後退、ショックですよね。このまま進行してツルツルになってしまうのかという恐怖。私も前髪を上げてまじまじ見た時は「ヤバイ。。」と思いました。このサイトではそんな私が生え際の薄毛の進行を止めた方法を紹介します。

生え際の後退を食い止める方法 > 生え際の後退の原因はこれ!正しい育毛対策のすすめ

生え際の後退、ショックですよね。このまま進行してツルツルになってしまうのかという恐怖。私も前髪を上げてまじまじ見た時は「ヤバイ。。」と思いました。このサイトではそんな私が生え際の薄毛の進行を止めた方法を紹介します。

生え際の後退をこの育毛剤を使って食い止めました

髪の生え際、特にM字の部分の後退が気になり、色々ネットで調べて、この育毛剤を使って生え際の後退を食い止めました。


THE SCALP5.0(ザスカルプ)

このザスカルプを選んだ理由としては、他の育毛剤にはない、生え際の後退を食い止める(抜け毛を防ぐ)効果があったからです。

育毛剤といえばリアップかな?と思いましたが、調べると副作用もあるようでまた髪を生やす効果はあるけど、生え際の後退を抑えるような効果はなかったので他のものを探しました。その点、このザスカルプは天然成分がベースのため、副作用もなく髪を生やす効果だけではなく、生え際の脱毛を抑えてくれる効果もあったのでまさにこれだと思い購入しました。これは本当かどうかは分かりませんが、発毛効果もリアップの主成分の3倍あるようです。(比べてないので分かりませんが、、。)3倍はなかったとしても最低限それと同等はあるだろうし、また生え際の後退を防げるのは魅力的だったので使って試すことにしました。実際2ヶ月目くらいからちょっとM字部分が濃くなったかもという実感はでてきました。育毛剤を使うのは始めてだったんですが返金保証が60日間あったことも背中を押してくれました。効果がなければ返品してしまえばいいかと思ったおで(^_^;)幸い返品はすることなく今でも薄毛予防のために使っています。

THE SCALP5.0(ザスカルプ)

何故生え際が後退するのか

男性の薄毛は90%以上が生え際や頭頂部から始まります。

何故かと言うと、ほとんどの方がAGA(男性型脱毛症)だからです。

AGAのメカニズムは加齢と共に5αリダクターゼという酵素が増え、男性ホルモンと結合することで脱毛を促すジヒドロテストステロンというホルモンになってしまうためです。

生え際やM字部分から薄くなっていくのはこの5αリダクターゼがそれらの箇所に多く分泌されるようになるからです。

なので生え際が後退してきたのはAGAのサインとも言えます。

この後退を防ぐには5αリダクターゼの抑制を抑えることが必要です。

具体的な方法としては育毛剤がメジャーですが、AGAのクリニックではプロペシアといった薬品を処方されます。

これは確かに効果があるんですが、実は性欲減退といった副作用もあるので注意が必要です。

個人的には同様の効果がある天然成分由来の育毛剤をおすすめしております。

生え際に髪を増やす方法

5αリダクターゼを抑えることで脱毛は抑制できますが、薄くなった部分に毛を生やすには力がたりません。

ここで必要になるのが発毛を促進させる力です。

このタイプの育毛剤ではリアップがメジャーですが実はリアップにも頭皮のかぶれ・かゆみ、血圧の低下、頭痛といった副作用があります。

生える効果は確かなんですがいかんせんこれらの副作用は怖いです。
私は頭痛などはなかったですが頭皮がちょっとはれてしまったので利用をやめました。

最近では副作用がなく同じ効果のある育毛剤も沢山あります。

むしろどれを選んだらいいのか分からないくらいあります。。


そんな中私がおすすめしているのが「ザスカルプ」という育毛剤です。

これが何故いいのかというと、冒頭でお伝えした5αリダクターゼを防ぐ効果があり、さらには発毛を促進させる効果もあるハイブリッドな育毛剤だからです。

しかもその発毛効果はリアップの主成分であるミノキシジルの3倍というレポートもあります。

もちろん天然成分由来なので副作用も心配もありません。

まだ新しい育毛剤ですが、レポートを公表している育毛剤はほとんどないのでとても信頼できる育毛剤です。

返金保証も60日とかなり長く使えるので、試しに使ってみても損はないと思います。


THE SCALP5.0(ザスカルプ)




ザスカルプの成分一覧
水、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、オクタペプチド-2、オリゴペプチド-41、金、白金、フムスエキス、カミツレ花エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、クエン酸Na、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、ウスニアバルバタエキス、銀、セルロースガム、炭酸水素Na、ダイズ種子エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、イノシトール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、アラントイン、グリチルリチン酸2K、プラセンタエキス、黒砂糖、酵母発酵エキス、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、アラニン、トレオニン、グルタミン酸、リシン、プロリン、アルギニン

​生え際が後退してきたかどうかのチェック方法

実は成人男性の頭蓋骨は20代以降も成長することがあります。

生え際が後退してきたとしても、それが成長であれば特に問題ありません。

ここでは私が調べた4つの方法を紹介します。

1.おでこの広さをチェック

まず片方の手で前髪をあげます。

そしてもう片方の手の親指以外の4本の指をそろえて、眉毛の上にあてます。

ここで4本指が入ってしまう場合、もしくはまだまだ空きがある場合。

この状態は生え際が後退してしまっている可能性が高いです。

そしてもう1つはM字部分のチェックです。

これはも前髪を上げて、生え際・M字部分を見えるようにします。

そこと耳の中心部を確認しそのまま側頭部まで位置をみます。

この時に生え際とその側頭部のラインまでの距離が2cm未満だとそれは生え際が後退してきている証です。

病院で見てもらったらハゲと診断されます。。


2.頭皮環境をチェック

ここでも2つチェックします。

1つ目が頭皮の柔らかさです。

頭にはあまり血管が多くないので、血流が悪くなると栄養が届きにくくなります。

また筋肉もないので血流が悪く、頭皮も固い状態は髪を育てるためには最悪な環境です。

柔らかさで比較されるのが耳たぶくらいの固さかどうかです。

頭皮を軽くつまめるくらいであれば、ちょうどいいのですがつっぱってつかめないようであれば頭皮が固くなってしまっているかもしれません。

また場所によっても固さはことなるので、生え際の後退が気になる場合は、M字やそりこみ部分をつまんでみてみましょう。

もう1つの頭皮チェックの方法としては、頭皮スコープを使っての色のチェックです。

健康的な頭皮の色は青白いのが正解です。

なぜなら、普段日焼けをしない頭皮は白く、そこの下に血管が通っているので、血管がすけて青白く見えるんです。

気をつけたほうがいい頭皮の色はこのような場合です。

赤色:炎症を起こしています。シャンプーを変えたり、紫外線から守ったりする必要があります。

黄色:皮脂が多く分泌されています。油っぽい食事を控えたり、頭皮を保湿するようにしましょう。

白色:頭皮が乾燥しています。酷くならないよう保湿をしましょう。

頭皮スコープについてはamazonなどで2000円ほどで購入できます。

特にインストールなどが必要もないので1つ持っていると簡単に自分でチェックができますよ。


3.産毛から毛は何本?

つるつるにハゲてみえる人でも、頭皮をまじまじ見てみると弱々しい産毛が生えてます。

通常であれば、ここから数本生えているのが通常なんですが、生え際が後退している方はここの本数がすくない場合が多いです。

また少ないだけではなく、髪自体が細くなっているケースも多いです。

これは髪の成長を脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが阻害してしまっているからです。

生え際が徐々に後退するのはこのように徐々に毛が細く、そして成長しない内に抜けてしまっているので生え際もじわじわと後退してしまっているんです。


4.抜け毛

よく枕元や排水溝の抜け毛が気になるという方も多くいます。

しかし、そこでの量についてはほとんど気にする必要はありません。

毎日平均100本はどんな人でも抜けてますし、多い人は200本くらい抜けている人もいます。

では何を見たら良いのかというと、抜け毛の細さと先端です。

脱毛ホルモンの影響を受けた髪は非常に細く、弱々しいです。

他の髪と比べると明らかに違います。抜け毛のうち1~2割くらいであれば大丈夫ですがそれよりも多い場合は男性型脱毛症が進んでいます。

もう1つのチェックポイントの毛の先端ですが、通常の先端は先がとがっていないはずなんです。

それは美容室などで髪をきったらその断面のまま伸びるからです。

しかし先が細いものは髪が成長する前に一度も美容師に髪を切られることなく抜けてしまっているので先端が細くなっているものも注意が必要です。


脱毛ホルモン以外に生え際が後退してしまう理由は?



生え際の後退の主な理由はジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンの影響です。

しかし、これ以外にも生え際が後退してしまう理由があるのでそれを幾つか紹介します。


1.血行不良

頭皮は血管が少なく、ただでさえ栄養が行きにくい部分です。

また最近では多くの人がパソコンやスマホを使っているので姿勢が悪くなり、それが首・頭皮の血流を悪くする原因になってます。

頭には筋肉がないので、血行が悪くなってしまうと、自分でマッサージなどをして血行をよくしなくてはなりません。


2.栄養不足

この自体に栄養不足?と思うかもしれませんが髪に必要な栄養って実はとれていないんです。

具体的には以下の3つが髪の毛をつくるのに必要です。

「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」

しかし実際私たちの食生活を振り返ると、炭水化物や脂質が多くこういった髪に必要なものがちゃんと摂れていないことが分かります。

ラーメンとかで食事をすましてしまう場合は気をつけないといけませんね。


3.ストレス

ストレスも生え際の後退にかなり関わってきます。

ストレスを感じると脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きが活発になってしまいます。

さらにはストレスで血行も悪くなってしまうので栄養も届きにくくなります。


他にもタバコは血行を悪くしてしまいますし、生え際の後退以外にも命に関わる問題もあるのでやめましょう。

また地味に気をつけたいのが紫外線です。

紫外線は髪にも頭皮にもダメージを与えてしまいます。

まず髪が紫外線を受けるとキューティクルが傷つき、髪が細くなってしまいます。

そして頭皮に直接紫外線を浴びると、その箇所が炎症を起こしてしまい、さらにそのダメージが頭皮の奥の毛母細胞までいってしまうと髪の成長サイクル自体も崩れてしまいます。


生え際の後退を予防する生活習慣



育毛剤の利用を合わせて行いたい日々の生活習慣についてお伝えします。


1.食事

髪の毛のベースは食事です。

ラーメンや牛丼などの手軽に済んでしまうものですませがちですが、しっかり栄養素を意識して食べましょう。

特に意識してとりたいのは以下の3つの成分です。

「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」

タンパク質は体重g分必要です。例えば60kgの人なら60gのタンパク質を1日にとりましょう。

ビタミンは色々ありますが特にビタミンBが重要です。

これを摂ることにより毛を作る細胞が活発になり、また血行もよくなります。

そして最後のミネラルについては特に「亜鉛」が重要です。

髪を作る過程でアミノ酸と亜鉛が結びついて髪の元となるケラチンが作られるんです。


2.睡眠

睡眠は髪を作るためだけではなく、血行を良くする意味でも重要です。

よく22時から2時はゴールデンタイムだからといって、この時間は寝ましょう!という人がいますが実際は難しいと思います。

睡眠で意識したいのは90分のサイクルと最初の3時間です。

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が90分のサイクルで回っているのでこのサイクルに従うと起きやすくなります。

また寝ている間に体がメンテナンスされるのは最初の3時間と言われています。

夏場など暑い時期はエアコンなど気にしがちですが、最低タイマーは3時間にしておき、その間の睡眠環境はよくなるようにしておきましょう。


3.ストレス

これは人によって解消方法がさまざまだと思います。

精神的な面でいうと、髪のことを気にし過ぎないのは大事です。

また日々意識したいのはウォーキングです。

歩くだけで体全体の血行がよくなり、ストレスも解消できます。


生え際の後退は病院などでは治せないの?



生え際の後退はもちろん病院でも治せます。

オススメはAGAのクリニックです。

皮膚科でも治療自体はできますが、大抵がフィナステリドとミノキシジルの処方のみです。

AGAクリニックでも基本はこの治療ですが、専門でやっているところは生え際の後退している部分に直接成長因子を注射したりと1つ上の治療ができます。

ただし、その分費用は1ヶ月で数万円というレベルにはなります。

また生え際が後退どころかツルツルになってしまった、という場合であればAGAクリニックではなく、植毛クリニックがいいです。

これは初期の金額としては一番高額になりますが(百万以上)脱毛ホルモンの影響を受けない箇所から毛の組織自体をうつしてくるので、移植した毛が抜けてきてしまうという可能性がほとんどありません。
(もちろん加齢による脱毛はありますよ。)

逆にオススメできないのは育毛サロンです。

サロンは病院ではないのでサロン独自の治療法で行います。

しかしそれはほんとうに効果があるのかどうかが分からない物が多いです。

最初は安いお金で診断や増毛などをして、あとから高額な製品を売りつけてくるようなところもあるのでそこは絶対にやめておきましょう。

​生え際が後退してきた時の髪型は?

生え際が後退してきてしまうと、ついついやってしまいがちなのが前髪を伸ばすことです。

確かに前髪があって後退している部分をちゃんと隠してくれれば、生え際の薄毛は目立ちにくいです。

しかし、前髪をびっちり固定していれば常に隠れるようになるかもしれませんが、実際は難しいです。

生え際が後退しているということは男性型脱毛症を発症していて髪の毛自体が細くなっています。

そのような髪を伸ばしても、歯抜け・すだれのような前髪になってより生え際の後退を強調してしまいます。

もちろん、肯定する力が強いジェルなどを使って前髪をまとめればその時はいいかもしれませんが、長い目で見てそういった強力なジェルを使うのは髪にも頭皮にも良くありません。

生え際が後退していきたから髪を伸ばすということは一番やってはいけないことなんです。


であれば、どのような髪型がいいのか?

それは生え際の後退部分を隠さずに敢えてみせてしまうことです。

そんなことしたらバレてしまうじゃないか!と思うかもしれませんが、多分すでにばれてしまってます(^_^;)

私も生え際の後退が気になっていたときは前髪を伸ばしていたんですが、友人に聞いたら前髪を上げる前から生え際が後退しているのは気づいていたようです。

むしろ、前髪をあげておでこをオープンにしたときの方が「潔い!!!」と評判が良かったです。

生え際が後退してきたときの髪型は「前髪をあげる」ということを前提にやっていきましょう。

美容室や床屋にいって相談すれば丁度いいバランスに仕上げてくれるので、臆せず話してみましょう。


またカツラやウィッグという選択をする人や売りつけるメーカーもありますが、正直オススメできません。

一番最初は購入しやすい金額なんですが、実はこういったものは後々のメンテナンスが必要です。

しかもカツラやウィッグは頭皮・髪への負担が非常に大きいので、一度使ってしまうと生え際の後退が一層悪化して、ウィッグ・カツラなしじゃやっていけない状態になってしまうんです。