生え際 後退

生え際の後退、ショックですよね。このまま進行してツルツルになってしまうのかという恐怖。私も前髪を上げてまじまじ見た時は「ヤバイ。。」と思いました。このサイトではそんな私が生え際の薄毛の進行を止めた方法を紹介します。

生え際 後退 > 生え際の後退の原因はこれ!正しい育毛対策のすすめ

生え際の後退、ショックですよね。このまま進行してツルツルになってしまうのかという恐怖。私も前髪を上げてまじまじ見た時は「ヤバイ。。」と思いました。このサイトではそんな私が生え際の薄毛の進行を止めた方法を紹介します。

何故生え際が後退するのか

男性の薄毛は90%以上が生え際や頭頂部から始まります。

何故かと言うと、ほとんどの方がAGA(男性型脱毛症)だからです。

AGAのメカニズムは加齢と共に5αリダクターゼという酵素が増え、男性ホルモンと結合することで脱毛を促すジヒドロテストステロンというホルモンになってしまうためです。

生え際やM字部分から薄くなっていくのはこの5αリダクターゼがそれらの箇所に多く分泌されるようになるからです。

なので生え際が後退してきたのはAGAのサインとも言えます。

この後退を防ぐには5αリダクターゼの抑制を抑えることが必要です。

具体的な方法としては育毛剤がメジャーですが、AGAのクリニックではプロペシアといった薬品を処方されます。

これは確かに効果があるんですが、実は性欲減退といった副作用もあるので注意が必要です。

個人的には同様の効果がある天然成分由来の育毛剤をおすすめしております。

生え際に髪を増やす方法

5αリダクターゼを抑えることで脱毛は抑制できますが、薄くなった部分に毛を生やすには力がたりません。

ここで必要になるのが発毛を促進させる力です。

このタイプの育毛剤ではリアップがメジャーですが実はリアップにも頭皮のかぶれ・かゆみ、血圧の低下、頭痛といった副作用があります。

生える効果は確かなんですがいかんせんこれらの副作用は怖いです。
私は頭痛などはなかったですが頭皮がちょっとはれてしまったので利用をやめました。

最近では副作用がなく同じ効果のある育毛剤も沢山あります。

むしろどれを選んだらいいのか分からないくらいあります。。


そんな中私がおすすめしているのが「キャピキシル」という成分です。

これが何故いいのかというと、冒頭でお伝えした5αリダクターゼを防ぐ効果があり、さらには発毛を促進させる効果もあるハイブリッドな育毛剤だからです。

しかもその発毛効果はリアップの主成分であるミノキシジルの3倍というレポートもあります。

もちろん天然成分由来なので副作用も心配もありません。

まだ新しい育毛剤ですが、レポートを公表している育毛剤はほとんどないのでとても信頼できる育毛剤です。

育毛剤選びの際はこの「キャピキシル」という成分に注目して選びましょう。


  キャピキシルの育毛剤を詳しく見る>>